スポンサーリンク

全ての漫画家志望に捧ぐ

 

うっすらみんな知ってるかもだが、

 

有名作品を世に出せば

 

大金持ちに!ってな反面、

 

すさまじい才能と忍耐が必要な過酷な仕事。

 

これは、そんな漫画家に俺が夢を持って目指し、悲惨な末路を辿った話。。。

 

スペック

 

男・フツメン

 

17歳まではごく普通の生活を送ってきた。

 

特に大それた短所も長所も無い感じ。

 

まさに「どこにでもいるようなごく普通の男」

 

人生の分岐点が訪れるのは17歳の夏。

 

進路希望表が配られた日のことだった。

 

俺の高校は割と偏差値のいい高校だったが、

 

周囲の頭のよさに付いていくことに俺は限界を感じていた。

 

そこに俺の親友だった男に進路をどうするつもりかを相談してみた。

 

彼は「俺はミュージシャンになるぜ」と言った。

 

その迷い無き即答っぷりに…

 

俺はカッコイイと思った。

 

 

今思えばこの時の決断によって全てが決まったんだ・・・

 

 

次のページ

・・・
・・



スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。