スポンサーリンク


最高の母


世界では生まれてきてすぐに捨てられてしまう赤ちゃんが沢山います。

色々な理由があるにせよ、子供を捨てるという行為は許されるものではありません。

どんな理由があっても

「産まれて来る子供達にはなんの罪もない」のです。

大人の身勝手な事情により、戸籍がない子供達は世界中に沢山存在している中、

1人の女性の壮絶なる人生が世界中で多くの感動を呼んでいます。

その女性は

「40年間で35人もの捨て子を育てた」のです。

中国の浙江省、金華市に住む88歳の女性、楼小英(ロウ・シャオイン)さん。

彼女の生活は苦しく、道に捨てられているゴミを拾い、それをリサイクルする事で生計を立ていました。

1972年のとある日。

いつものようにゴミ拾いに出かけたロウさんはゴミの中から小さな赤ちゃんを発見しました。

その女の子は道のゴミの中に埋もれ、捨てられていたのです。

ロウさんはその女の子を拾い自分の家族として迎え入れました。

その女の子の成長を見守る事がロウさんの生きがいになっていったといいます。

そして40年間で35人もの捨て子を家族に迎え入れたのです。

彼女には実の娘がいましたが、実の娘だけを特別扱いしたりする事は一切なく、

すべての子供達に分け隔てない愛情を与えました。

しかし、ある日、ロウさんの夫が他界してしまいます。

すると今まであった収入が激減してしまい、貧困はどんどん悪化していきました。

食べるものも満足に食べれない毎日・・・。

ロウさんに育てられた子供達によると、当時のロウさんは

収入源となるゴミを拾うため、毎日

「子供達が寝た後に出かけて働き、子供達が起きる明け方に帰ってくる生活」

を繰り返していたといいます。

生活は苦しく、十分な食事をする事が出来ません。

その為、ロウさんは毎日ほとんど食事は取っていませんでした。

子供達がお腹一杯になるまで、用意した食べ物に手をつけない事も多かったといいます。

ロウさんの人生はその半生を子供達の為に尽くしたものでした。

そして88歳になったロウさんに運命的な出会いが訪れます。

普段どおりにゴミを漁っているロウさんの目に、ゴミに埋もれている小さな男の子が映りました。

その子はじっとロウさんを見つめてきたといいます。

ロウさんの年齢は既に高齢、自分自身の年齢を考えると育てる事に不安を感じましたが、

小さな天使のような男の子を無視することは出来ず、自宅へと連れ帰り世話をする事にしたのです。

 

 

 

次のページ

・・・
・・



スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。