スポンサーリンク

お客さんの荷物を指定時間内に

確実に届けなくてはならない

長距離トラックの運転手さん。

運転してるだけなんだから楽じゃない?

気楽そうで良いな。 など

「楽」そうなイメージを持った人が多いのが現実・・・

しかし、

荷物を「指定の場所」に「指定の時間」に届ける

ということは、何があっても守らなければならない「ルール」なんです。

たとえ、嵐であろうが、大雪であろうが荷物を確実届ける。

それが長距離トラックの仕事です。

スピード出せばいいじゃん。

 

多くの人がそう思うでしょう。

しかしトラック業界には

「遅れるな。でも、スピードは出すな」

という縛りが存在し、早く走りたくても走れないと言うのです。。。

そんな理不尽な長距離トラック業界に苦言を呈したのは

ある女性トラック運転手さんです。

彼女が見た現状にあなたは何を感じるでしょう・・・

女性ドライバーが見た、過酷で理不尽な長距離トラックの現実は次のページから・・・

 

 

次のページ

・・・
・・



スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。