スポンサーリンク

近年ニュースにも取り上げられていますが、

 

過度な残業を強いられる長時間労働

 

本来の業務とは無関係な部分でストレスを与える

 

法に触れる可能性がある、グレーゾーンな条件での労働を意図的に従業員に強いる

 

いわゆる「ブラック企業」が横行しているのが現状です・・・

 

今、『日本人の働き方』が改めて注目されています。

 

このような企業に勤めってしまった方の中には、

 

・鬱になる

・ストレスで脱毛症ができる

・対人恐怖症に陥る など

 

様々な身体的負担を強いられています!

 

誰もが、仕事の「理想」と「現実」の間で板挟みになり、

 

少なからず悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

そんな中、ある男性がtwitterで投稿した、

 

コンビニのスーパーバイザー(以下SV)として働いた体験記が話題になっています!!

 

SVとは、担当になった店舗の経営指導をメインに行うお仕事です。

 

本部からの情報を店舗に通達したり、

 

店舗の問題点を拾い集め改善点を探ったりするなど、

 

さまざな業務があるようです。

 

新卒でコンビニに入社し、SVになった投稿者さん。

 

きっと不安もあったでしょうが、一生懸命仕事に取り組もうとしていたでしょう。

 

しかし!!

 

その実体験はあまりに過酷だったのです・・・

 

 

SVになった結果、あまりの過酷さに耐えかねた男性の末路とは・・・

 

 

次のページ

・・・
・・



スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。