スポンサーリンク

電磁波が体に及ぼす影響ってみなさんご存知でしょうか?

 

なんとなく体に悪いってのは聞いたことある程度じゃないですか?

 

日本では全く報道されていませんが、実は世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)がスマホの電磁波が人体に及ぼす恐ろしい発表をしています。

 

そもそも電磁波がなぜ体に悪いと言われているのかをご説明しましょう。

 

それは、主に発熱効果と非熱効果であると言われています。

 

ではその発熱効果と非熱効果とは何なのでしょうか? それは、電磁波が人体に入ると人体を構成している分子を振動させる事により熱を発生させると言う事です。

 

又人が電波や交流送電線などから発生する変動磁場にいると、体内に渦(うず)電流が発生し、それが熱をつくり出し人体に悪影響をもたらします。
非熱効果とは電磁波が体内に入ると単に熱が発生するだけでなく、それを構成している細胞分子の間で電子の移動が起き、生体電気反応が乱されるという影響が起きます。

 

なお、これら発熱効果と非熱効果は同時に起こります。それらの事によって人体に悪影響を及ぼすといわれています。

WHOが発表した恐るべき内容は次ページで!

 

 

次のページ

・・・
・・



スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。