スポンサーリンク

一緒の大学に行こうと受験勉強を頑張っていた彼女と俺。

 

ある夜、服をボロボロにして家にやってきた彼女は・・・

 

「ごめんね」と泣きながら繰り返す彼女

 

2年前の話だけど、その傷は大きくて癒えてないが、

 

少しだけ心に余裕ができたら書く。

 

当時高校生だった俺には彼女がいて、

 

一緒の大学行くためお互いに受験勉強に励んでいた。

・・・
・・

 

 

受験も近かったから、勉強優先で学校以外で会わない事にしてた。

 

「じゃあね、また明日学校で。」

 

「うん。」彼女とこう言って俺は家に帰った。

 

俺の学力は、彼女と一緒に行こうとしてた大学には問題なく、

 

もう一つ上の大学も狙えると先生から言われていた。

 

彼女の方は少し厳しかったらしく、

 

合格目指して塾に通っていたらしい。

 

そしてあの夜、事件が起きた・・・

 

夜8時くらいに彼女が俺の家に突然やってきた。

 

それも服をボロボロにして、

 

泣きながら「ごめんね」と繰り返して・・・

 

たまたまその日は親が居なかった。

 

おれは彼女を家に上がらせてシャワーを浴びさせた。

 

シャワーを浴び終えた彼女は

 

まだ「ごめんね」と泣きながら繰り返すだけ。

 

 

次のページ

・・・
・・



スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。