スポンサーリンク

携帯電話もWindowsも

プレステも無かった遠い遠い昔。

本社勤務だった俺は突然営業所開設と

新規市場開拓を命じられて

某地方都市へ転勤しました。

 

それから毎日が激務の連続だったけど

何とか営業所を立ち上げて顧客も獲得し

売り上げもそれなりに順調に伸びて

利益が出るようになった頃、

仕事関連で地元の若い女の子と知り合い

一年程度の付き合いを経て結婚しました。

 

結婚と同時にそれまで住んでいた

アパートを引き払い、一戸建ての借家を借り

引っ越して結婚生活を営んでいたのですが

問題は結婚して3年程度経った頃発生しました。

 

ある朝いつも通り営業所に出勤し

入口ポストの新聞と郵便物を取って

事務所に入り事務机の上にそれらを置いた時、

無地の封筒に(○○様)と書かれた私宛の

手紙があるのに気づきました。

 

早速口を開け読んでみましたがその内容は

私を驚愕させる内容でした。

簡単に言うと、、、、

 

 

次のページに続きます…

・・・
・・



スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。