1. TOP
  2. 3番
  3. 【知らぬが仏】現役CAが暴露した『飛行機内の秘密17選』がヤバ過ぎる!

【知らぬが仏】現役CAが暴露した『飛行機内の秘密17選』がヤバ過ぎる!

3番  

パイロットやアテンダント(客室乗務員)らが、航空会社の知られざる裏側を暴露してくれたそうだ。

その信憑性は定かではないし、

航空会社によって異なっているのかもしれないが、

とりあえずそのシークレットやらをみていこうじゃないか。

1.ヘッドホンは新品ではなく、使いまわし

1_e23

 航空会社の備品を供給する倉庫に勤めていたある人の話。機内で音楽を聴いたりするヘッドフォンは、きれいなビニールがかかっていても新品ではなく、一応“きれいに”して袋詰めし直されたものだという。

2.パイロットたちはほとんど寝ている

2_e24

 パイロットの半分はフライト中ずっと寝ている。起きている時間の3分の1はほかのパイロットが寝ているという。

3.酸素マスクからの酸素供給は15分

3_e20

 酸素マスクが下りてきても、酸素が供給されるのは15分間だけ。しかし、これだけの時間があれば、機長は普通に呼吸ができる高度まで機体を下げることができる。さらに重要なのは、意識を失うまで15秒から20秒あるため、まずは大人のあなたが先にマスクをつけ、次に子供につける。数秒気を失っていても、子供の脳ならダメージがほとんどない。

4.着陸時に機内がうす暗くなるのは万が一の避難の為

4_e16

 夜間に飛行機が着陸するとき、機内が薄暗くなるのは、避難が必要になったときのために、あらかじめ暗さに目を慣れさせておくためである。こうしておくと、外に出たときに視界がよくきく。

5.パイロットは異なったメニューの食事をとる

5_e17

 ふたりのパイロットは違う種類の食事をとり、シェアしたりしない。これは、同時に中毒になるのを避けるため。

6.ペットを乗せる時気をつけなければならないのは駐機場の騒音

6_e14

 航空会社は乗客のペットの扱いについて、できるだけのことはしているが、駐機場の騒音だけは避けられない。給油係によれば、耳栓がなければ耐えられないほどだという。飛行機に積み込まれるのを駐機場で待っているペットも同じ思いをしているため、ペットを飛行機に乗せる場合はよく考えたほうがいい。

7.乗客が電子機器の電源を切った後・・・

7_e13

 機内で乗客に対し電子機器の電源を切るようアナウンスしてから、客室乗務員は裏で、携帯を取り出してメールを打っている人もいるらしい。

8.落雷とパイロットの権限について

8_e11

 20年のフライト経験のあるパイロットによると、はっきり言って航空機はしょっちゅう落雷に直撃されているという。もし、搭乗ブリッジで乗客が騒ぎを起こしたら、パイロットはその乗客の搭乗を拒否してそのまま離陸できる。飛行機のドアが閉められた後は、機長の権限は無制限で、逮捕したり、罰金を科したり、死にかけている乗客の遺言をあずかることができる。

 

 

次のページに続きます…

・・・
・・

シェアしますか?
はい いいえ

関連記事

  • 【超閲覧注意】子供を家に一人残し浮気相手とホテルへ→ 朝帰宅すると自宅全焼!俺「やばい…子供が!!!」→→→

  • 【閲覧注意】辰吉VS塾生。舐めた塾生が辰吉相手にガチンコ!怪我しても文句言うなよ!

  • 【※驚愕】結婚式新郎の母からの感動の手紙でまさかの「17歳と13歳の息子と8歳の娘の母親になるのは大変だろうけど・・・」⇒新婦「はっ!???」結果→一同騒然で悲惨な末路へ…

  • 【※神展開】男「この会社ブラックだな」女「今更ですよそれ」厳しい会社で働く男女…→お互い励まし合っているウチにムフフな展開に…ww 先輩「この会社ブラックだな」 後輩「今更ですよそれ」

  • 【悪ふざけ】ラーメン屋店員の俺「ご注文は?」大学生「餃子とビール!」→俺「お会計は7300円」大学生「えっ」

  • 【ざまぁww】駐車スペースをまたいで止めたDQN車→予想以上のアホな結果にww【動画あり】